結婚する際に贈り合う指輪|愛しい彼女に人生を捧げる婚約指輪|長く使える

愛しい彼女に人生を捧げる婚約指輪|長く使える

結婚する際に贈り合う指輪

リング

指輪で選ばれる素材

二人の永遠の愛の印として、結婚指輪は贈り合うものです。人生に一度の大切な品なので、お互いが納得して選びたいものです。多くの方が結婚指輪からイメージされるのは、ダイヤモンドです。確かに指輪の主役とも言える存在なので、慎重に見極めたいものです。ですが、ダイヤモンドを引き立てる存在として、リングの素材選びも大事です。チタン、シルバー、ステンレスなど好みの素材を選ぶ事ができます。中でも昨今特に人気なのが、プラチナです。プラチナが人気の理由は、他の素材よりも、耐久性に優れているからです。汚れや汗に強く、永遠に輝きが変わることはないです。変色に強いので、永遠の愛を象徴する結婚指輪に最適な素材といわれています。ただプラチナは、耐久性がいいので貴金属の中で最も値が張ります。なかには価格を抑えるために、細いリングも急増しています。しかし、指輪の耐久性を重視するなら3ミリ以上の厚さの指輪を選んだほうが良いです。

折半して購入する方が多い

互いへの愛を確認し合うために、結婚指輪は心を込めて贈り合うものです。お店で指輪を購入する際に、ほとんどの方が気にするのが費用です。結婚指輪は、基本的に給料の3カ月分の価格で男性が購入するものとされています。しかし、昨今では時代背景の影響で、その風潮が変わりつつあります。なんと、結婚指輪を購入する際は夫婦で折半することが増えているのです。ある統計によると、4人に1人の女性が結婚指輪を夫と折半していることが分かっています。折半が増えている理由は、結婚は双方の合意の結果の行為と考える風潮にあるからです。したがって、男性だけ指輪の費用を全額負担するのはおかしいと感じる女性が多くいます。結婚後に夫婦対等でいるために、結婚指輪の負担を半々でもつことを希望しているのです。昨今、社会進出をする女性が増えているので、折半する風潮は浸透していきそうです。